アメリカ人の夫と子供四人、神奈川のプチ田舎の工房でお菓子、石鹸を作ってます。オーガニック野菜も作るべく現在畑作成中。


by オーコ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
e0363513_22124742.jpg


なんだかもうアップするのもためらわれるような写真ですが、一応サンクスギビングディナー作りました。もう本来ならすっ飛ばしてもいいかな?とも思うイベントなのですが、やっぱり旦那さんがアメリカ人なのでそうもいかず。海外にいるからサンクスギビングをすっ飛ばすというのは、日本に住んでないからお正月は止めにしましょうというのと同義語と思われ、さすがにそれは出来ないかなーと。まあでもターキーが食べられるので、やっぱりサンクスギビングもいいかな。と、いったいどっちなんだ?!と自問自答しながら作っていたというのもあって(←言い訳)、食卓チョボイです。やっぱり家族だけっていうのは盛り上がらないので、来年はお友達家族も呼んでやろうかな。

我が家は家族そろってターキーラブ♥なので、7キロのターキーあっという間になくなっちゃいました。全然食べ足りず、Costcoにまた車飛ばしてもう一つ買ってきましたよ!これでクリスマスも安泰です♪ 子供たちが大きくなったら、ターキー一度に2羽焼くようかも・・・と本気で思います。

e0363513_22124749.jpg

ベイクドベジはホントにおススメ。焼いて美味しそうなお野菜適当に切って、すりおろしにんにくまぶしてグラスフェッドバターたっぷり乗せて焼くだけ!オーブンペーパーとかでカバーしてオーブンで2時間焼いたら出来上がりです。ここまで前日に作っておいて、当日オーブンい入れればいいので、品数多く作りたいときなど重宝します。と言いつつ、今回は当日準備したのでバッタバタでしたけど。笑


e0363513_22124740.jpg


長男が10歳の誕生日を迎えました。ちょうど10年前のサンクスギビングデーに生まれたんです。ハラハラドキドキ色々あったけれど、あっという間の10年でした。来年は5年生なんて信じられないですよ。これからも兄弟で助け合って大きくなっていって欲しいです。


ひー!明日から12月ですよ!泣いても笑ってもあと残すところ一か月!頑張らないとー。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
ランキング登録しています。クリックよろしくお願いします。

[PR]
# by ok0 | 2017-11-30 22:27 | 家族 | Comments(0)

ザッハトルテ

e0363513_07390794.jpg

先日、父の誕生日だったので、父の好きなチョコレートケーキを作りました。自分ち用だしね?遊んでもいいよね?と、インスタでよく見るチョコレートがサイドにたらり~んとなっているデコに挑戦。ジェノワーズもナッペも結構うまくいって、後はたらりんだけ♥と意気込んでいたのですが、む、むずかしーー!

チョコが緩すぎて下まで届いてしまう恐怖感から、いつもよりチョコレート気持ち固めで流し込んだらあっという間に固まっていく・・・。ひーっ。サイドに全く流れ込まず、しかもおずおずとゆっくり流すものだからどんどん上にたまっていき、もうなんだかマッシュルームみたいな見た目になってしまい、急きょ打開策を!ということで、たまったチョコレートをサイドになでつけつつ、残りのチョコレートを温め直して上から流し、何事もなかったかのようにザッハトルテに。笑 でも禁断のヘラでおさわりを何度もしてしまったので、ツヤもないし、なんかガタガタだし寂しい感じ・・・。たらりんチョコが簡単だとは思ってはいなかったけれど、ここまで手ごわいとは!!周到な準備をしてリベンジします。


e0363513_07390615.jpg

ってことで、さっさと切り分けました。笑

スポンジってどうやってスライスしてます?私今までずっと目検討でスライスしてたんです。なんか色々使うのは邪道だわ~なんて思って。そしたら先日のルミ先生のジェノワ教室で先生もルーラー使ってました!「プロでもこれは使いますよ。」って。即ポチしましたよ。笑 ルーラー使ってスライスしたら、全部暑さが揃って、カット面がキレイ!!(当たり前だけど) なんで今までずっと買わなかったのか後悔しましたよ、ホントに。どうせ買うなら、3ミリ、5ミリ、10ミリ全部そろえるのがお勧めです。スポンジの高さによって、1センチ幅にしたり1.5センチ幅にしたり、8ミリにしたり・・・と応用効きますしね。タルトなんかにも使えます。って、お菓子作る方なら知ってますよね、普通?(笑)



[PR]
# by ok0 | 2017-11-21 14:56 | ケーキ | Comments(0)

フルーツロール


e0363513_22084492.jpg



ご依頼いただいた「白いフルーツのケーキ」。時間との闘いだったので、ロールケーキにしました。秋はどうしても栗が使いたく、マロンクリームに渋皮煮に紅玉に柿(?!)に・・・と秋満載な感じで。本当はイチジク使いたかったのだけど、近所のスーパーにおいてなく愕然。いつもあるのに・・・。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
ランキング登録しています。クリックよろしくお願いします。

[PR]
# by ok0 | 2017-11-17 22:14 | ケーキ | Comments(0)

発酵野菜とキムチ

e0363513_07292010.jpg


発酵食品はGAPS生活に必要不可欠なので、発酵野菜とキムチは我が家の常備品です。とか言いつつも、だらけモードでキムチずっと切らしてました。でもホント、キムチって便利ですよね。あ、なんかちょっと味に変化を・・・って時にパッと入れたらいつもと違う野菜炒めになったりするし、豚キムチなんかも一瞬だし、お弁当の一品に納豆とあえて入れちゃったりもします。なくなってキムチの便利さというか必要性を再確認しました。

<キムチの作り方>
白菜・・・1.5キロ
シーソルト・・・54グラム(白菜の5 4%)
にんじん ・・・100g
大根・・・300グラム

●ヤンニョム
りんご ・・・3/4個
にんにく・・・5カケ
しょうが・・・子供のこぶし大
はちみつ・・・小さじ1
ナンプラー・・・大さじ3
桜あみ漬 ・・・70g(散々リサーチした結果これが唯一無添加で信頼できそうなものでした。)

ネギ・・・2本
ニラ・・・1把
昆布・・・10センチ
唐辛子細引き・・・大さじ3
唐辛子中引き・・・大さじ3

1.白菜を食べやすい大きさに切る。
2.大根とにんじんは2、3センチの長さの千切りにする。
3.白菜に塩を振り入れ、3時間ほど軽く重石をしておく。
4.ヤンニョムの材料りんご~あみえびまでをフードプロセッサーに入れペーストにし、2、3センチに切ったニラ、小口切りのグリーンオニオン、細切りの昆布、唐辛子を混ぜ合わせる。
5.ヤンニョムに千切りの大根と人参を合わせる。
6.白菜の水が上がってきたら軽く水気を切り、ヤンニョムと合わせて瓶に入れ室温で5日~1週間ほどで出来上がり。

ちなみにこの量で、32ozのメイソンジャー3本分です。

半年すっかり忘れさられていた熟成させたものを以前食べてみたら激ウマ!やっぱりこういったものは寝かせれば寝かせるだけ美味しくなるんだなぁと思い、長期熟成させよう・・・と毎回思うのにその前に全部食べてしまうんですよね。もっと作らないとー。


発酵野菜はもっと簡単です。お漬物に美味しそうなお野菜のざく切り(私はいつもキャベツか白菜メイン)をジャーにギューギュー詰めにして、そこに2%の食塩水を注いでしっかり蓋をして1週間。ニンニクやしょうが、こぶなんかも入れてあげると美味しくなりますよ。是非美味しいお塩使ってあげてください。

キムチも発酵野菜も100%漏れるので、トレーに乗せておくことをお勧めします。少し大きめか深めのトレーが安心ですよ。(何度も失敗して泣かされた私が言っているので間違いないです、はい。笑)

がっつり手を突っ込んで洗えるので、断然ワイドマウスがお勧めです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
ランキング登録しています。クリックよろしくお願いします。

[PR]
# by ok0 | 2017-11-15 09:23 | GAPS | Comments(0)

ガトーバスク

e0363513_16331812.jpg



あっという間に1週間たってしまいましたが、今月のBAKED先生はガトーバスクでした。カスタードが間に挟んであって、まあもうなんともリッチな焼き菓子って言うんですか?オーブンから出てきた時の美しく焼き色が付いてつやつやとした姿にはもうですね、神々しい印象すら受けましたよ、ホントに。

ガトーバスクというと固い焼き菓子のイメージだったのですが、先生のはそれに比べると柔らかめ。これがまた美味しいんです~♥ 二切れは余裕で一気にいけます。(食後に・・笑) ご近所のお友達にもすぐ持っていったら感動してました。焼き上がり当日はレモンの香りが爽やかで、翌日以降はラム酒香るアーモンドパウダーのこっくり感が強くなり、味の変化も楽しめます。

この感動、覚める前に復習しなくてはっ。(もう一週間経ってるけど、まだ感動冷めてませんから!笑)



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
ランキング登録しています。クリックよろしくお願いします。

[PR]
# by ok0 | 2017-11-12 15:58 | 焼き菓子 | Comments(0)