アメリカ人の夫と子供四人、神奈川のプチ田舎の工房でお菓子、石鹸を作ってます。オーガニック野菜も作るべく現在畑作成中。


by オーコ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

作り置き

e0363513_21473717.jpg

なはは。作り置きまだまだ続いてます。かなり楽しんでやってるのでしばらく続くかな~。写真撮るのも楽しみなんですが、これがあるともうほんと一週間全然違うので、作らずにはいられない・・・って感じ?子供の習い事やら送迎で遅くなる日でも、オーブンに入れるだけのお肉と、出来上がったサラダが冷蔵庫に入っているのと入っていないのとでは心のゆとりが違いますよ~。朝起きたときから夕飯は出来ている・・・みたいな?しかもお弁当のおかずもほぼ出来上がってるという、ウハウハな朝を過ごせるわけです。

<覚書>
左上から
●豚バラと白菜のミルフィーユ鍋
鶏ハムの仕込み
●タンドリーチキン
手羽元・・・2キロ
自家製ヨーグルト、
クミンシード・・・大さじ3
パプリカパウダー・・・大さじ2
ターメリックパウダー・・・大さじ2
シナモンパウダー・・・小さじ2
ニンニク・・・5カケ
しょうが・・・3カケ
クローブ・・・5個
レモン汁・・・大さじ2
塩・・・小さじ1

1.ニンニク、ショウガ、クミンシードとヨーグルトの一部をマジックブレットでガーっとして、残りのスパイスヨーグルトと混ぜ合わせてからお肉に揉みこむ。最低でも半日は置いてから焼く。
2.お塩は少なめなので、食べるときにお好みでガリガリする。レモンをチュッと絞っても。

●ローストビーフ
800gくらいの塊を糸で縛り(縛らなくても別にいい。縛った方がカッコいいので縛ったけど、暗くて写真にあまり写らずショックだった。)塩を刷り込み、170度で15分、120度に落として45分焼く。冷めてから切ると肉汁が出ない。このままペーパータオルに包み、サランラップでぐるぐる巻きにして冷凍し、食べるときは半解凍の状態で切ると切りやすい。

●ほうれん草と小松菜のニンニク塩炒め
●鶏そぼろ

e0363513_22184228.jpg

●サバミンチと豚肉のハンバーグ
サバをフープロにかけてミンチにし、同量の豚ひき肉と味噌、醤油、ショウガすりおろし、みじん切り長ネギ、白ごまを合わせて大葉で挟む様にして成型。裏返しにせず、蓋して蒸らし焼きにすることで見た目もグー。これ結構イケます。子供たちも大好き。

●カブと茄子のトマト煮
●水菜とレタスを洗って切ったもの
●茹でスナップエンドウ
●そぼろ卵
●茹でインゲン
●茹でブロッコリ
●コールスロー
千切りキャベツに熱湯を掛けて絞り、自家製マヨ、醤油、酢、ゴマ、ニンニクすりおろしで和えて塩コショウで味を調える。

●蒸しサツマイモ
●煮卵
GAPSブレッド プレーンとレーズン

e0363513_21473787.jpg

インスタだと作り置きおかずの画像ってトップのものばっかりなのですが、ブロガーの端くれとしてはやっぱりこんな写真も撮ってしまうわけで。だってせっかく作ったのに真上から一枚だけなんてねぇ。それにしても私が作り置きおかずを作る日はいつもどんより曇り空。お陰で写真も暗い暗い。明るい日に作りたい~!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
ランキング登録しました。よろしくお願いします。

[PR]
by ok0 | 2017-04-04 17:05 | GAPS | Comments(0)